第25回スタジオしまづ祭「芸術の秋」&アワードの発表

この記事で得られること

先日スタジオしまづのYouTubeで行われた「スタジオしまづ祭」の様子と、その中でもっともテーマを感じた作品を発表する記事です

スタジオしまづとは

Unityを使ったゲームの作り方を紹介するチャンネル

現在チャンネル登録者6050人(YouTube有料メンバーシップ 94人)

しまづ祭の様子

前編

後編

スタジオしまづアワードに輝いたのは!

(今回、前編と後編でアワードをわける予定でしたが、僕の独断で1つにしました)

それでは、第25回スタジオしまづ祭「芸術の秋」 スタジオしまづアワードに選ばれたのは….

ダラダラダラダラダラダラ……….ダン!!

エントリーナンバー4935番:GakaJosyu-画家助手(foresdenさん)

どんなゲーム?

自分で絵の具がつけられない超売れっ子画家先生のために、絵の具を筆につけてあげるゲーム

ゲームはこちら:Chromeでのプレイを推奨

独断と偏見によるしまづの感想

世界観とゲームデザインのバランスが計算し尽くされた最高の作品。
超有名画家のために筆に絵の具をつけてあげるという理不尽な設定ながら、うまく絵の具がついた時の喜びと報酬が急に100万円や1000万円など異常な金額でプレイヤの理性を吹っ飛ばしてくるあたり、さすがForesdenさん。
操作は簡単で、マウスのクリック1つでできるという安心安全・信頼と実績のForesden仕様。

簡単操作だけど、なかなかうまくいかないこのゲームは、初めて絵を描いてみた時を自然と思い出させてくれる「芸術の秋」をもっとも感じる作品だと私は思いました。

まとめ

いやーゲームっとほんといいですね。

そろそろお腹が減ったので、この辺で終わります。次回のしまづ祭のテーマは「ハロウィン」です!それではまたどこかで!

イベント

Posted by studioshimazu